西池袋メンズクリニック


■不眠症治療■

当院では不眠症の治療として睡眠薬や抗不安薬 (=精神安定剤) の処方を行っています。当院での処方は自由診療 (=保険外診療) になりますので、勤務先の健康保険組合に睡眠薬や抗不安薬内服の事実や病名を知られたり、生命保険会社に情報が漏れる心配は全くありません。不眠や神経症で悩んでいるが、勤務先の健康保険組合に薬剤内服の事実を知られたくないとお考えの方、保険診療では14錠までしか処方してもらえないが、病院に行く暇がないため薬が飲めない日が多く困るとお考えの方などには特におすすめです。
不眠症は大きくわけて、2つのタイプがあります。

入眠障害でお悩みの場合は作用時間の短い睡眠導入剤(例: ハルシオン、マイスリーなど)、中途覚醒でお悩みの場合は中間型睡眠薬と呼ばれる薬剤(例: ユーロジン、サイレースなど)を使用します。睡眠薬では効果が強すぎて心配だ、という方には抗不安薬の処方も可能ですので、お気軽にご相談下さい。


超短時間型睡眠導入剤 10錠 3,700〜4.700円

寝つきを改善する超短時間型睡眠導入剤。寝付きが悪い方におすすめします。ご処方が可能な薬剤は2種類です

短時間型睡眠導入剤 10錠 3,200円

超短時間型と比較すると作用時間が少し長めになっています。寝つきそのものは超短時間型の睡眠導入剤に劣りますが、寝付きを改善しつつ、中途覚醒にも効果がある薬剤です

短時間型睡眠薬 10錠 5,300円

1日2錠まで内服できます。この薬剤に関しては処方時に運転免許証またはマイナンバーカードのご提示をお願いしております (ご提示がない場合は処方できません)

中間型睡眠薬 10錠 2,100〜3,700円

中途覚醒や早朝覚醒に効果のある中間型睡眠薬。3種の薬剤をご処方可能です。このうち、サイレースについては処方時に運転免許証またはマイナンバーカードのご提示をお願いしております (ご提示がない場合は処方できません)

中間型睡眠薬 25g 53,000円

1日0.1gから0.3gの内服となります。この薬剤に関しては処方時に運転免許証またはマイナンバーカードのご提示をお願いしております (ご提示がない場合は処方できません)

短時間型抗不安薬 10錠 2,100円

いわゆる「安定剤」と呼ばれる薬剤の1種ですが、睡眠導入剤としてもよく用いられています


Copyright © 2006 West Ikebukuro Men's Clinic All Rights Reserved